こんにちは!
埼玉県吉川市に拠点を構え、新築注文住宅や耐震診断、外壁塗装や水回りリフォームなどの住宅リフォームを手掛ける株式会社丸島建設です。
新築で建てた家であっても、経年劣化は避けられません。
やがてメンテナンスが必要なときがきます。
今回は、外壁塗装について、最適なタイミングや劣化症状をご紹介していきたいと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

塗料の耐用年数

AdobeStock_197872173
外壁塗装の塗り替えのタイミングは、耐用年数を知ることから始まります。
耐用年数は、使用している塗料によって異なります。
・アクリル系塗料 約3年~7年
・ウレタン系塗料 約5年~10年
・シリコン系塗料 約10年~15年
・ラジカル系塗料 約12年~15年
・フッ素系塗料  約15年~20年
・光触媒塗料   約15年~20年
・無機系塗料   約20年~25年
現在はシリコン系塗料が主流であるため、10年前後がメンテナンス時期の目安といわれています。

塗装の必要性

雨漏り

外壁は雨や紫外線によって損傷を受け、劣化とともに防水性を失います。
そのためメンテナンスをしなければ、劣化した部分から雨が入り込み、雨漏りの原因になります。

外壁の見た目

塗装から10年前後で塗料の耐久性がなくなり、色あせや塗膜の汚れ、塗装の剥がれが見られます。
メンテナンスを行うことで、大切なマイホームに新築のような輝きを取り戻すことができます。

建物の寿命

塗装には、常に直射日光や雨風にさらされている建物を保護する役割があります。
そのため、メンテナンスを怠れば、建物自体の劣化が進み、耐久性が悪くなることで建物の寿命が短くなってしまいます。
安全な環境で快適に生活するためにも、適切なタイミングで外壁メンテナンスすることが大切です。

メンテナンスが必要な劣化症状

・ヒビ割れ
 塗料や下地が乾燥して、外壁がヒビ割れてしまう現象です。
 ヒビ割れ部分から雨水が建物内部へ浸入してしまう危険性があります。
・塗装の剥がれ
 表面の塗装と下地の付着力が弱まってしまい、塗膜が剥がれてしまう状態です。
 雨水が浸入してしまうと建物の構造まで損傷を受けてしまいます。
 建物を保護する機能が失われている状態であるため、早めに塗装をする必要があります。
・外壁の破損
 外壁が破損して欠けている現象です。
 家の内部がむき出しになり、外壁本体や家本体にまで損傷が及びます。

住宅リフォームのご相談は株式会社丸島建設へ!

AdobeStock_196255437
外壁塗装や水回りリフォームなど、住まいのリフォームは、丸島建設へご相談ください。
また、丸島建設では、耐震診断、新築注文住宅、不動産売買仲介などのご依頼も受け付けております。
お客様のご希望やご予算に応じてきめ細かい提案をいたします。
ご相談、お見積もりは無料!
ぜひお気軽にお問い合わせください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。


株式会社 丸島建設(マルシマケンセツ)
〒342-0007
埼玉県吉川市大字拾壱軒588
電話:048-992-2661
FAX:048-992-2304