こんにちは!
埼玉県吉川市に拠点を構え、新築注文住宅や耐震診断、外壁塗装や水回りリフォームなどの住宅リフォームを手掛ける株式会社丸島建設です。
最近では、「リフォーム」という言葉を聞くことも多く、中古物件を購入してリフォームするケースもよく見られますね。
しかし、「住宅リフォームで何ができるんだろう?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、住宅リフォームでできることを簡単にご紹介していきたいと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

戸建て住宅の工法

AdobeStock_42100576 (2)
戸建て住宅は一般的にリフォームの自由度が高い建物だといえます。
しかし、壁の移動や撤去、間取りの変更をする場合には、工法により制約されることがあります。
戸建て住宅の工法別に見ていきましょう。

木造軸組工法(在来工法)

柱と梁で支えているため、移動や撤去ができない柱もあります。
しかし、壁の移動や撤去、間取りの変更は比較的自由にできます。

2×4工法

壁で建物を支えているため、窓などの開口部の拡張、壁の撤去はできません。

プレハブ

鉄骨系は間取りの変更がしやすいですが、木質系・コンクリート系は2×4工法と同様に制限があります。

鉄骨造

鉄骨の柱・梁、耐力壁以外の部分は、壁の移動や撤去、間取りの変更がしやすいといえます。

鉄筋コンクリート造・ラーメン構造

コンクリートの柱と梁で支えているため、壁の移動や撤去、間取りの変更は比較的自由にできます。

鉄筋コンクリート造・壁式構造

コンクリートの壁で建物を支えているため、壁梁と耐力壁以外の部分の壁の移動や撤去は比較的自由にできます。

リフォームでできること

増築する

建ぺい率・容積率、斜線制限など法規制の範囲内で増築が可能です。
まずは法的条件を確認することが必要です。

サッシやガラスを交換する

サッシを断熱サッシに、板ガラスを複層ガラスに変えることで、窓の断熱性を上げることもできます。

窓の数を増やす、大きくする

建物の強度に影響がない範囲であれば、窓の数を増やすなど、サイズを大きくできます。

勾配天井・ロフトを設ける

天井高1.4m以下で、直下の部屋面積の2分の1以下であれば天井裏にロフトを設けることができます。

吹き抜けを設ける

構造強度を十分検討して、耐震性を確保したうえで吹き抜けを設けることは可能です。
木造は比較的容易ですが、重量鉄骨造は鉄骨の梁を動かせないため困難だといえます。

コンセントの数を増やす

壁を剥がして電気配線をやり直すことで、コンセントやスイッチの数を増やすなど、位置も自由に決めることができます。

ウッドデッキを設ける

吹きさらしのウッドデッキは住宅の延床面積に算入されないため、敷地に余裕があれば設置できます。

断熱性を上げる

床・壁・天井(または屋根)に断熱材を十分に装填することで、冬は暖かく、夏は涼しい家へと性能を上げることができます。

キッチンなど水回り設備を移動する

1階部分の水回りは比較的自由に移動させることができます。
2階の水回りの改修は給排水経路や建物の構造により制限があるため、事前に確認が必要です。

耐震性を上げる

耐震性に問題がある場合、構造や基礎を補強することで、現行の耐震基準レベルに引き上げることができます。

地下室を増築する

容積率の制限の範囲内で増築は可能です。
ただし、地下に下りる階段スペースの確保と換気への配慮が必要になります。

バリアフリー

階段やトイレに手すりやすべり止めの設置、浴室の床や和室の敷居などの段差を解消できます。

住宅リフォームは株式会社丸島建設にご相談ください!

AdobeStock_199948674
外壁塗装や水回りリフォームのご要望はありませんか?
住まいのリフォームは、ぜひ丸島建設にご相談ください。
住宅建築のプロが費用対効果の高いご提案をいたします。
また、丸島建設では、耐震診断、新築注文住宅、不動産売買仲介などのご相談も承っております。
ご相談やお見積もりは無料です!
ぜひお気軽にお問い合わせください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。


株式会社 丸島建設(マルシマケンセツ)
〒342-0007
埼玉県吉川市大字拾壱軒588
電話:048-992-2661
FAX:048-992-2304