埼玉県吉川市に拠点を構え、新築注文住宅や耐震診断、外壁塗装や水回りリフォームなどの住宅リフォームを手掛ける株式会社丸島建設です。
おしゃれなイメージがある対面式キッチンに憧れている方も多いのではないでしょうか?
また実際に、対面式キッチンへのリフォームを検討しているという方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、対面式キッチンのメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

対面式キッチンのメリット

AdobeStock_35203843

家族とのコミュニケーションが取りやすい

「家族とのコミュニケーションが取りやすい」「家族との会話が弾む」ということが、対面式キッチンを検討する方が最も求めるところではないでしょうか。
作業をしながらリビングやダイニングを見渡せるため、小さなお子さんやご高齢の方、ペットのいるご家庭でも安心感があることが魅力だといえます。
また、リビングにいる家族と同じ番組を見ながら作業ができるので、会話ができるなどの良さもあるでしょう。

作業効率が良い

対面式キッチンにカウンタースペースを設けることで、できあがった料理の配膳や食べ終わった食器を下げやすくなるといったメリットもあります。
ダイニング側の家族も気軽に手伝えるようになり、作業の効率も上がるのではないでしょうか。

開放感がある

壁付けタイプやクローズタイプのキッチンで作業していると、薄暗さや圧迫感を感じることもあるのではないでしょうか。
顔を上げたときに視界が遮られることなく、リビングやダイニングを見渡せるため、かなりの開放感を得られるでしょう。

対面式キッチンのデメリット

以前のキッチンより狭くなることがある

対面式キッチンを設置するためには、クローズタイプのキッチンよりも広いスペースが必要になります。
そのため、リフォームで対面式キッチンを設置する場合に、もとのキッチンの広さによっては、通路が狭くなる、収納スペースが少なくなるなども珍しくありません。

ニオイが充満する

クローズタイプのキッチンの場合、リビングと完全に切り離すことで、調理中のニオイを閉じ込める役割を果たしています。
しかし、対面式キッチンの場合、リビングやダイニングと一続きになっているため、ニオイも室内に広がってしまいます。

油はねや水はねが心配

シンクやコンロの前に壁がない場合、開放感はあるものの、調理中の油はねや洗い物をしているときの水はねが気になります。
また、作業中の手元が丸見えになって、シンク側が見えてしまうことで、来客時など、気を使う場面も出てくるかもしれません。

ぜひ株式会社丸島建設にご相談ください!

AdobeStock_76182645
丸島建設では、新築注文住宅、外壁塗装や水回りリフォームといった住宅リフォーム、耐震診断・耐震工事、不動産売買仲介のご相談を受け付けております。
長年の経験と実績をもとに、お客様の理想の住空間をご提供いたします。
ご相談・お見積もりは無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。


株式会社 丸島建設(マルシマケンセツ)
〒342-0007
埼玉県吉川市大字拾壱軒588
電話:048-992-2661
FAX:048-992-2304